りらく整体森のウタからのお知らせ

酸素カプセルを導入いたしました

  • 宇都宮で足を使っての施術整体を行っています

人間の体は空気(酸素)、水、そして食物からできていることがわかります。
私たちは毎日呼吸をし、食事をすることにより、自分の体を作り、維持しているのです。

空気と水があれば、人は3週間以上生きることができます。
水も食料も摂らなくても呼吸ができていれば、1週間ぐらいは生きることも可能です。
しかし呼吸ができなければ、あるいは酸素が空気中になければ数分間で人間は死んでしまいます。
その大切な酸素の空気中の濃度は現在約21%です。数百年前は25%近かったという酸素濃度が、環境汚染により数値がおちています。
慣れてしまえば普通に感じますが、実際は濃度が低いため、エネルギーの生産効率も悪く、疲れやすい方も多いのじゃないでしょうか!?
さらに言うと、ここ数十年で考えても身体の弱い人が昔に比べて多いように感じます。これは近年の急速な環境汚染による酸素濃度の低下も結びつくのではないでしょうか!?

「液体に溶け込む気体の量は、その気体の気圧に比例して増える」というヘンリーの法則があります。
通常、人間は呼吸から酸素を取り入れています。
それを結合型酸素と言います。呼吸から取り入れた酸素は肺胞にいき、血液中のヘモグロビンと結びつき全身に流れて行きます。
酸素カプセルでは、気圧をかけ、高濃度の酸素を取り込むことにより、酸素がダイレクトにリンパ、毛細血管血液、中枢神経液の細胞へ酸素を供給することができます。
これを溶解型酸素といいます。

ダイレクトに酸素を細胞に取り込むことにより、
・内臓の調子が良くなる
・血行がよくなる
・肌につやがでる
・疲労の回復
・脂肪の分解
・免疫力の向上
・乳酸を分解
以上の点が効果が期待されます。

さらに細かい点で言うと、森のウタ式酸素カプセルは、東京大学と研究されたデータもあります。
データにより、高気圧酸素環境では、骨と骨の石灰化と仮骨形成を促進することにより骨折治癒に有意であると考えられる結論が出されています。
サッカー、元イングランド代表のベッカムがワールドカップ前に骨折をして、出場は絶望とされていました。
早期治癒のため酸素カプセルに入り、ワールドカップに間に合った話は有名だと思います。
他に、2006年夏の甲子園で投げ続けた斎藤佑樹選手。15回を投げた決勝戦の夜に、酸素カプセルに入り、疲労を回復させ、翌日の再試合で優勝を果たしました。

注意点としては、酸素カプセルに入り加圧が始まると、設定気圧に達するまで気圧が上がり続けるため、耳抜きが必要となります。
対処方法として、唾を飲み込んだり、あくびをしたりします。
耳抜きの苦手な方には気圧に低い設定に調節もできますし、気圧を上げる速度も調節できるため、違和感が出にくく酸素カプセルに入ることもできます。

宇都宮で足を使っての施術整体を行っています

  • 宇都宮で足を使っての施術整体を行っています
  • 宇都宮で足を使っての施術整体を行っています

日々の生活の中で、痛みや疲れ、我慢していませんか?
毎日の仕事や育児は、思っている以上に身体の負担になります。
ストレス、いらいら、気持ち的な部分だけでなく運動不足などによって、骨格の歪みや筋肉の硬直により、疲労が蓄積していきます。
森のウタでは1人1人お客様の状態にあわせ、足を使った特殊な技術をつかい固まった筋肉を緩め、骨盤や骨格の歪みを整えていきます。
「痛みと疲れを癒す」をモットーに、初めてのお客様でも安心していただける整体、1人1人お客様に合わせた整体を心がけています。
他にもダイエットメニューとして「耳ツボダイエット」、「ゲルマニウム温浴」などもありますので、分からないことがあれば、いつでも気軽にお尋ねください。

下記の症状でお悩みの方ご相談ください

  • こんな悩みをお持ちの方!!

便秘がちで下腹部がつらい

冷え性で、夏場でも手足だけは常に冷たい

デスクワークなどで足などのむくみが気になる

腰痛で長時間座っているのもつらい

その他、肩こり、高血圧、肌のハリ、シミ、更年期障害、ストレス、体脂肪燃焼、花粉などの症状のある方・・・

こんな悩みをお持ちの方、是非ご相談下さい!

耳つぼダイエットも行っております!
東洋医学のツボ療法をもとに、過食しがちな食欲を正常に戻し、太りやすい体質を改善していきます。極端な食事制限によるダイエットとはまったく異なり、やせるほどに健康な体調を取り戻す考えのダイエットです。
カウンセリングは無料です!
  • 施術の流れ
  • 施術料金
ご予約・お問い合わせはお気軽に・・・

ページのトップへ

information
宇都宮で整体や
マッサージのことなら
りらく整体森のウタ
〒321-0968
栃木県宇都宮市中今泉3-31-1
tel 028-651-5545
- 営業時間 -
11:00~22:00(最終受付/22:00)
- 定休日 -
火曜日

blog

2017年10月営業カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月営業カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

休業日